看護師 求人 ベネッセMCM

更新日:2014/03/11

看護に向いている性格

 

ナースに向いている性格は、人の為に何かをしてあげることを苦にならずにできる性格で、面倒見の良い方がぴったりです。昨年、子供が怪我で1か月ほど入院しましたが、その病院はお年寄りが多く自分1人で身の回りの事ができない方が多かったので、看護師の方の仕事は大変でした。お年寄りも当然のように看護師に無理難題を言いますから、それを真に受けてすべてを聞いていては看護師の方も仕事になりません。聞き流すところは聞き流していました。

しかし、面倒でも患者の言い分も聞きつつ、聞き流すところは聞き流しながらの毎日のお世話は色んなことを苦労と思っていては仕事になりません。看護のお仕事は基本的に患者さんの身の回りのことをしてあげることから始まります。面倒なことが嫌いな方には向いていない職種です。患者さんもどうしても病気などでわがままになりがちですから、その気持ちをくみ取りながら看護できる方でないと仕事は成り立ちません。患者さんのために喜んでお世話できる方が向いています。

入院を通じて、看護師の仕事の大変さを目の当たりにしました。患者さんにご飯を食べさせたり、入浴介護は当たり前です。ベッドの下に物が落ちたからとナースコールを鳴らす患者さんも頻繁です。いちいちそれらに腹を立ててでは仕事にはならないです。動けない患者さんや、病気でわがままになっている患者さんに優しく時には厳しく接してあげることが理想の看護になります。面倒見の良い方は看護のお仕事に向いていますからやりがいのある仕事としてお勧めです。 看護師ランキングサイト



看護師求人〜貴方を待っている

ベネッセMCMで看護師の転職活動 同居人に「看護師って一言でいうと?」と訊ねてみました。答えは「怖い」 思わず苦笑してしまいました。殿方に多い現象です。同居人は、別に鬼のような看護師さんにばかり巡り合ってきたわけではありません。逆に、御姉様の嫁ぎ先が内科のお医者様だったから普通の患者さんより看護師さんには優しくされてるはずです(笑)。なのに「怖い」とは。えてして殿方には医者嫌いの方が多いですね。たかだか検査でも「なんか厄介なものが見つかったらどうしよう」体の調子が悪くてやむを得ず受診したら「難病だったらどうしよう」挙句の果てには予防注射でもびびる始末。臆病なのではありません。命にかかわる問題が発生した時御婦人より深刻に考えるかたが多いだけなのでしょう。しかし病院嫌いは老若男女問いません。そんな場所で看護師さんの果たす役割はとても大きいのです。多忙で、育成に手間暇もお金もかかるドクターは決して大量生産できません。だからこそ知識も技術もあって、ドクターをサポートする看護師さんの手腕は医療現場のよしあしを左右します。

「治療を受ける患者さんのサポート」「治療を施すドクターのサポート」看護師さんがいなくては医療現場は破綻してしまうでしょう。その貴重な人材である看護師さんをやめてしまうかたが増えているのですって。大変な試験や実習を超えているから根性、人柄ともに優れた方々がどうして? ダントツに多い理由が、やはりというか、まさかというか「人間関係」なんですって。 しかも職場での。

何処の世界でも、合う、合わないはあります。怜悧な看護師さんが単に「虫が好かない先輩がいるから」という理由で辞めたりはしないでしょう。 しんどい思いをして得た国家資格です。その貴重な国家資格をむげに捨ててしまうのは本当に勿体無い話です。看護師さんが一人増えただけで、雰囲気が随分変わった医院を知っています。きりきりしてた医院がとても雰囲気が良くなっていたのです。特に個人病院は雇用事情もありますので難しいでしょうがどうか潤沢な人材確保をお願いしたいと思うのです。そしてそういう物分りのいい医院さんは必ず存在します。看護師さんたちは辞めてしまう前に辞めたつもりで是非検索をかけてみてください。別天地に人生かけるのも悪くないと思うのです。まずは、ベネッセMCMへ登録してみてください。あなたの希望した条件で、転職できる、すてきな職場が見つかるはずです。